IT眼症について

 パソコンやタブレット端末などの情報機器を、教育ツールとして用いる場合に心配さえる事柄の一つに、IT眼症が挙げられます。特に幼少期では、その後の成長に大きく影響すると言われており、プログラミング教育を推進する上で、特に注意する必要があります。
 IT眼症については、以下の日本眼科医会のホームページで、注意点など分かりやすくまとめられていますので、指導する上でも配慮していきたいと思います。

公益社団法人 日本眼科医会 「子どものIT眼症」

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です